借金問題での弁護士司法書士との付き合い方について

個人の借金問題については、その借金のケースや借金の量によっても弁護士や司法書士さんに
お願いしてみるか、個人的に解決を試みてみるかを最初に自分で考えないといけません。
安易に個人自己破産の道があるという事ですが、その自己破産をするのにも30万円近くの
お金が必要となりますが、そのお金を持っていないのが借金をして困っている人間の特徴なんです。
法人や会社の経営者さんの場合、倒産時にはその倒産の始末に関するお金をなんとか用意してから
破産を弁護士を通じて依頼するのでしょうが、個人の借金の場合それほど事務的に処理をすることが出来ない
状況がそこには発生して、そんな場合のほうが多いのです。
30万円なにがしのお金を持っている、またはそのお金を作る、もしくは誰かに借りるとしたら、
個人破産の為に弁護士に払う以外に他に使い道があるような気持ちになります。
ようするに自己破産にかかるお金が何故かもったいなく感じるのです。
そのお金があればとにかく2ヶ月は生きていけるという事実もそうですし、その間に借金返済モードに生活の様式を変えることが
必要でそのように切り替えられる準備が出来ると考えます。

それと個人自己破産については、この人とこの人は別々に返しますと言うことが出来ないのです。
だから友人知人関係にお金を借りていると、債務者として弁護士事務所から個人破産をした類の書類が届くことは、
今案での関係に必ずヒビが入りもの凄く水臭く感じられます。これが最もパワーをそがれるデメリットです。
破産宣告の書類一つが、債務者さんとの今までの関係を全てパーにするのは否めません。
だから友達や知人に借りていることについては、それぞれに会って事情を話しながら、少しづつでもお金を返すと言う
約束をすることしかないのです。そうする真摯な態度こそがお金の援助以外にも色々な協力も得れるのです。
仕事の紹介や、キーマンの紹介や、飯を食わせてくれて元気にしてもらうことや、頑張れる言葉などの、
お金以外に本当に沢山の応援を受けることが出来ます。
だから友達や知人に対して自己破産を宣告することはマイナス部分が多いと思います。
弁護士や司法書士などに、こことこの人には破産宣告したくないと言ってもそれは法律的に通じない話ですから
まずどのような解決方法があるのかを自分の中で借金問題の解決プランを持っておくことですし、考え方や方法をさらけ出して聞くことです。
それなら相談として扱ってくれますので、5000円位ですみます。
こんな経験がありました。
僕は結構厳しい闇金融とシステム金融からお金を借りました。それは最後のあがきに近き状態でした。
最後にはシステム金融の返済の為の借り入れも出来なくなった時に、友達にお願いして弁護士に
相談する機会を作ってもらいました。その弁護士は何故借金をしたのかとか?の経過には全く興味がないようでした。
今の状況だけを話して、それに対する答がこれでした。

「君の腕が折られたり、顔面がはれ上がる様な事になれば、そこから協力はいくらでもさせて貰うから。
それまでは、君の借金は自分の都合で借りたのだから、そこは少ない返済金額と長い返済期限とそれに対する
無理のない金利を話し合いで決めたらいい。そしてそれを真面目に返していくことだけです。」とズバット言われました。
弁護士や司法書士に払えるお金があるなら、それ以外にお金を廻して生きていくと言う気持ちが
一番大事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です