PFCの特進コースについて

おすすめできません!
FXスクールの「PFC」

当ブログにおいて掲載する情報・内容については細心の注意を払っていますが、主観的判断に基づくものでありその内容に保証することはできません。当ブログが起因の一切のトラブルに関していかなる損害にも責任を負いません。今日はこちらの案件をご紹介させて頂きます。

今回はFXスクールを主宰しているPFCについて検証してみたいと思います。ネットで検索してみると、良い評判と悪い評判が錯綜しているようです。こういう場合、ほとんどが詐欺まがいの行為をしているといえるでしょう。もちろん、それには理由があります。多少主観が入っているかもしれませんが、FXをスクールとして学ぶのは難しいし、個人投資家としてFXというマネーゲームで勝ち続けるのがいかに難しいかわかっているからです。何でもそうですが、FXに関しても勝つ人がいれば負ける人もいます。そして勝者と敗者が半々なら、圧倒的に有利な主体が儲かることが実証されています。その主体は注文が集まる銀行であり、自分で相場を動かせるほどの資金を保有しているヘッジファンド等の機関投資家です。当然のことですが、敗者のほとんどは個人投資家に他ありません。その個人投資家をPFCで大成させているというのは、現実的に考えて非常に難しいと思うのです。そしてPFCに関して、もう1つ気になることが…。初期費用は超高額65万円も掛かり、さらに特進クラスで学ぼうとすると費用とは別に150万円も掛かるという事実があることです。実際にそうした費用クレームに関して、「FXのPFCコミュニティー被害者の会」が結成されています。クーリングオフだけでなくキャンセルが次から次へ発生しているのです。いかにPFCが入会者に対して「担当者が付き指導をバックアップする」といっても、それがどこまで本当なのか疑わしく感じます。また元PFC入会者の中には、弁護士に相談して初期費用を返金してもらったとか…。こうした事実をチェックすれば、いかにFXスクールを主宰しているPFCが???だらけの会社なのかがわかると思います。ということで今回検証したPFCは、入会しないことがベストな選択だと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です