Part.6 【蓄膿症】蓄膿症(副鼻腔炎)における身体への弊害① 鼻柱の変形

 

今回は蓄膿症(副鼻腔炎)を罹患した際に身体への影響・弊害を考えていきたいと思います。

※これは実際に私が経験したことを基にしています。

 

箇条書きにすると、以下の項目が挙げられます。

・鼻柱の変形

・アデノイド顔貌

・口内炎

・中耳炎

 

では、順番に詳しくみていきましょう。

 

この中より、今回は鼻柱の変形を取り上げたいと思います。

 

  • 鼻柱の変形

 

これは、実際に私が実際に経験し、手術により治療したものです。

 

鼻の骨は軟骨と硬骨で構成されておりますが、主に鼻先にかけての大部分が軟骨になります。

%e8%93%84%e8%86%bf%e7%97%871

 

 

軟骨は柔らかく、圧をかけることにより、簡単に変形します。

蓄膿症の症状がある方は、必ず鼻水が出ることだと思います。

しかも、頻度は「多い」のです。

 

通常、蓄膿症を両鼻同時に罹患することは少ないと聞きます。

このことから、片方の鼻をかむことになります。

 

私も同様の症状であり、故に鼻の片側だけに力が加わるような状態になってしまい、

結果として鼻柱が変形したのでした。

 

 

この改善方法としては、「両側」に圧を均等にかけることだそうです。

これは非常に難しいことであり、必ず均等にできるはずもありません。

ですので、ある程度の範囲で均等に圧をかけることを意識するのです。

 

また、この鼻柱の変形はこれが一因となって、蓄膿症(副鼻腔炎)を罹患する可能性もあるのです。

短期的にみれば大したことはないのですが、長期的にみると大きな弊害となることが恐ろしいところですね。

特に私の場合は成長期にあたる時期にあったので、余計に大きく症状が出てしまったのだと思います。

 

術後、私も意識することによって、現在は特に大きな問題になっておりません。

また、これを手術で治療するとなると、手術費用や入院費用が発生してしまうところも怖いところですね。

 

 

以上が、鼻柱の変形でした。

 

次は次項の「アデノイド顔貌」について取り上げたいと思います。

 

 

Part.5 【蓄膿症】私が罹患した原因について

 

今回は「私が罹患した原因について」検証したいと思います。

 

近年、多くの方が蓄膿症の患者または予備軍に属しています。

私もその一人でした。

 

では、私の場合、何が原因でこのようなことになったのでしょうか。

 

私は通院検査時、多くの検査を受けました。

これは手術の為でもありますが、血液検査やMRIも使用しました。

 

結果として「アレルギー」を持っていることが判明しました。

これはこの検査をし、初めて知ったことになります。

 

アレルギーの検査では、多くの項目が挙げられました。

結果表示はすべてパーセントで表示されていました。

 

有名なところでは、「スギ」「小麦」などがあり、これも大変驚いたことです。

しかし、パーセント表示では1%を切っており、特に問題にはならないようでした。

 

その他にも多く項目が存在しましたが、一番高いパーセンテージが出ていたものは・・

なんと、「犬アレルギー」でした。

これはパーセンテージにして5%程度でしたが、

体験談の最初のほうに記述した通り、私の家では犬を飼っていました。

 

これが原因の可能性のある一つだというのです。

 

しかしながら、5%程度でここまで症状が進行するものなのでしょうか。

 

答えは「No」です。

 

アレルギーは要因であって、原因ではありませんでした。

私の場合、長期にわたり症状を放置し、改善しなかったことが原因でした。

特に「長期にわたり」という部分が重要になります。

 

つまり、蓄膿症(副鼻腔炎)という症状はすぐに罹患するようなものではないのです。

ここから、前回お話した通り、未然に予防することで治療することが可能ということがわかります。

 

また、私の場合は鼻が曲がっていたことも一つの原因となっていました。

 

これは、鼻が曲がっていることで鼻の通りが悪くなることが挙げられます。

この場合も前項と同じように「長期にわたり」ティッシュで鼻をかむ際の力加減を誤っていたことにあります。

 

私は片方の鼻の通りがもともと悪く、片側だけ鼻をかむことも多くあったのです。

つまり、片側の鼻にだけ力が加わることで一方に歪んでいくのです。

 

 

上記2点が私の場合における原因となり、最終的に手の付けようのない状態に陥ってしまったのです。

Part.4 【蓄膿症】使用していた薬と予防法について

 

今回は私が実際に使用していた薬と現在使用している薬、医師から勧められた治療、予防法と現在も行っていることについて説明したいと思います。

 

  • 罹患時に使用していた薬

 

まず、通院時に処方頂いた薬については、病院でのみ取り扱っているもので

名前は「フルナーゼ」という点鼻薬です。

外観の色味はオレンジで形は市販薬と変わりません。

これを処方され、使用していたのですが、驚くはその効果でした。

当時、全く鼻が通らなかった私ですが、この点鼻薬を使用したときは少し快適になっており、

鼻水も治まっていたのです。

1日に2回、朝と夜に使用するようにと言われ、使用していました。

私の場合は既に点鼻薬で治せるような状態ではなかったので、最終的に手術となりましたが、通常はこの薬で治るようでした。

しかし、この薬は通常、病院でのみ処方されるようなので、継続的に購入することが出来ませんでした。

 

  • 現在使用している薬

 

現在使用している点鼻薬は「アルガード鼻炎 クールスプレーa」というタイプのものを使用しています。

これは「ロート製薬株式会社」が販売している市販薬となります。

 

  • 予防法について

 

予防法については、点鼻薬を継続的に使用することになります。

実際に私は朝と夜の2回、必ず点鼻薬を使用するようにしていますが、再発の気はありません。

また、鼻が詰まった場合は吸い込むのではなく、ティッシュ等でかんで出すことが必要です。

鼻で息をすることも重要になります。

鼻は呼吸のフィルターの役目をしますから、日常的に鼻で息をすることも重要な要素の一つになるのです。

 

 

Part.3 【蓄膿症】診察、手術、入院費用と受診した病院について

 

今回は、診察、手術、入院の費用や受診した病院について、説明したいと思います。

 

まず、診察から説明致します。

 

私が診察を受けたのは、個人病院で、滋賀県にある「かなじ耳鼻科」というところを受けました。

受けた理由としては、「近所でも評判が良く、有名だったから」です。

実際に受けた感想としては、「評判どおり」であったと思います。

 

診察の流れは、ピンセットのような形の器具で鼻を開き、ライトで鼻の内部を照らしたところを診るといった形でした。

私の場合は肉眼ですぐにわかるような状態でしたので、すぐに「ポリープがある」と受けました。

ここでは、「手術が必要だ」との診断を受け、2回ほど通院した後、より大きい病院へと招待状をもらい、そちらに通院することになります。

 

ここでの1回の診察費用については、1000円程に、処方薬(点鼻薬)が加わり、1500円ほどでした。

 

次に、「より大きな病院」は「公立甲賀病院」です。

ここでは、5回ほどの通院をすることになります。

耳鼻科で有名な先生がおられるとのことで評判が良かったところでもあります。

※現在はわかりません。

 

ここでの1回の診察費用については、2000円ほどでした。

処方薬は既に頂いていた為、継続して使用するとのことで、診察のみでした。

 

 

次に手術の費用についてですが、

保険適用で10万円ほどかかりました。

 

次に入院費用は2週間で17万ほど

1日あたり約1万2000円ほどかかりました。

 

以上が治療にかかったコストになります。

 

私の場合、全額で30万円ほどかかったことになります。

 

内訳としては、

かなじ耳鼻科での通院 1500円 ×2回

公立甲賀病院での通院 2000円 ×5回

公立甲賀病院での手術 10万円

公立甲賀病院での入院費用 1万2000円 ×14日

 

未然に防げるような病気でありながら、放っておくと、これだけの莫大な費用がかかります。

ここでは計算に含んでおりませんが、大量にティッシュペーパーを使用していることも馬鹿にならない費用の一つでしょう。

 

手術コスト、通院コストを私の体験を通して感じて頂ければと思います。

 

 

Part.2 【蓄膿症】手術後の生活とその後

手術後の生活でも相変わらず鼻は通らないままでした。

というのも、手術後ということもあり、鼻の中にガーゼが入っていたからです。

私はこの手術でポリープの除去、鼻柱の矯正(長期にわたり鼻をかんでいたことで鼻が曲がっていた)を行いました。

入院生活中は殆ど外にも出ず、籠りきりでした。

ほぼ毎日、点滴が何度かと、マンガを読むことで過ごしていました。

本当は外に出たかったのですが、ガーゼが入っているということもあり、鼻が腫れていたので出ることができなかったのです。

手術後、1週間ほどは風呂にも入れず、体中が痒かったことを覚えています。

入院生活から2週間が経ち、数日で退院となった頃、鼻のガーゼを抜き取る為、診察室へと入ることになります。

ガーゼを抜き取る際にはピンセットを使用し、鼻の穴から直接引っ張って抜く形でした。

抜き取っている最中は、痛みは合ったものの涙が出るほどではなかったのですが、涙が止まりませんでした。

これには理由があって、鼻の中に涙道と呼ばれるものが存在し、それに触れるためだそうです。

それから約2日後、退院となりました。

退院後は鼻の通りも良く、非常に快適でした。

 

退院してからについてですが、その後病気の再発は今のところありません。

しかし、鼻の通りが悪くなったりすることが多々あります。

それ以外にも再発の気もありました。

この病気を体験し、長期にわたり注意し、付き合っていくことが大事だと感じました。

今では特に気にかけていますので、再発はしていません。

 

以上が私の蓄膿症(副鼻腔炎)の体験談となります。

 

Part.1 【蓄膿症】症状の自覚と手術に至るまで

 

これは、私が小学生の頃から中学2年生の頃までの頃の話です。

私はごく普通のどこにでもいるような小学生でした。

授業は至って真面目に受けておりましたし、休み時間は外で走り回るような子どもでした。

家はごく普通の一般家庭。父と母と私と犬のジロで暮らしておりました。

私はその頃からよく風邪を引き、その度に「あおっぱな」が出ることも多くありました。

当時は特に何も思わず、その状態が中学校に入るまで続きました。

中学校に入った頃から徐々に症状が悪化し、ついには鼻で息をすることができなくなります。

その後さらに悪化し、ポケットティッシュを手放せなくなり、1日の学校生活でポケットティッシュ2つを使い切るほどとなります。

明らかに異常だと感じた私は両親に相談し、近くの有名な耳鼻科にて、診察を受けることになります。

耳鼻科にて受けた診断結果は「副鼻腔炎」ということでした。

聞いたこともない名前に驚きましたが、これは蓄膿症のことでした。

蓄膿症というと、町中の薬局でもよく見かける名前です。

鼻にポリープができ、それが鼻の通りを塞いでいるということでした。

そのために鼻で息をすることができなくなっていたのです。

私の場合は既にポリープが肥大しておりましたので、薬での治療は不可能。

手術が必要との診断を受けました。

さらには、ポリープが大きすぎるために近辺の病院では手術することができず、

市民病院へと行くことになりました。

その市民病院では、同様に検査をされ、明確に手術の日程が組まれました。

入院期間は2~3週間程、手術は全身麻酔を使用するとのことでした。

その時は頃合いが良く、学校は夏休みに入るところでした。

夏休みの期間を利用して、私は手術をすることに決めました。

全身麻酔を使用しての手術は初めてであったので、不安で一杯だったことを覚えています。

手術当日は排便を必ず行うこととの話を受け、済ませた後、担架に乗せられ、手術室まで運ばれました。

手術自体は、マスクを付けられた後は麻酔によってすぐに意識を手放した為に一瞬のうちに終わったように感じました。

目を覚ました後は起き上がれず、体に多くの管が付けられていたのを記憶しています。

その後、2~3週間にわたる入院生活が始まります。

 

Dubliの評判は詐欺

当ブログにおいて掲載する情報・内容については細心の注意を払っていますが、主観的判断に基づくものでありその内容に保証することはできません。当ブログが起因の一切のトラブルに関していかなる損害にも責任を負いません。
今日気になった情報商材をご紹介させて頂きます。
Dubli(デュブリ)という、
キャッシュバック型ショッピングポータルサイトです。
アメリカに本社のある会社でして、
海外で爆発的に人気のあるポータルサイトですという触れ込みで、
今、日本で良く、耳にするインターネットビジネスでございます。

実際こういう、触れ込みですと、
アメリカで流行っているし、世界展開もされてる、
これは日本に入って来たら乗り遅れないようにしないと!
とあまり、このビジネスを調べずに参入する人が多い様な気がします。
ちょっと待ってください。このビジネスに対しての下調べはされましたか?
アメリカで流行ってる言うし、調べた所で英語わかんないし、、というのは、
もってのほかです。

調べましょう。
もしかしたら、それで大きな損害を被るかもしれません。
痛手を負ってからでは遅いのです。

実際に、こちらのDubli(デュブリ)ですが、
アメリカでは何年も赤字を垂れ流している企業で、
ねずみ講をやっていると批判が多い企業でもあります。
世界展開もされてはいるようですが、12カ国どまりで、
キャッシュバックが払われないと訴訟も起きています。
恐らく、世界展開の内容も、批判が酷くなったら次の国、
また、批判が多くなったら次の国と転々とした結果が、
12カ国の世界展開の全貌だと自分は推測しています。
そして、2年前にアメリカの本社は家賃が未払いのまま、
本社を移したそうです。
現在、本社所在地は探しても出て来ません。

冷静に考えて、コレだけ上記の情報が揃っている、
日本の情報商材を買いますか?
恐らく買いませんよね。
アメリカで流行っているとなると、
アメリカンドリームを、想像してしまう人も多いでしょう。
そこを、冷静に考える事ができるだけの頭を持つ事が重要です。
地道に一歩ずつというのを忘れず、
商材ビジネスに取り組んでいきましょう。

井潟利治

〒350-0461
埼玉県入間郡毛呂山町中央4‐23-27
井潟利治
電話番号:080-6769-7218

当ブログにおいて掲載する情報・内容については細心の注意を払っていますが、主観的判断に基づくものでありその内容に保証することはできません。当ブログが起因の一切のトラブルに関していかなる損害にも責任を負いません。
今日、気になった案件のご紹介です。
ピースコーポレーションという会社です。
調査しても、今回取り上げている、ピースコーポレーションではなく、
株式会社ピースコーポレーションという会社が出てきます。
自分の目当てのピースコーポレーションは、
会社がまだ登記されておらず、今後登記予定とのことです。
HPも存在していませんね。
このビジネスの概要を確認したのですが、怪しい所だらけですね。
ドロンしようとしているのがバレバレです。
ピースコーポレーションという名前にしたのも、
自分の身辺をわかりにくくしている事が
影響しているのだと思います。
上で書いたようにピースコーポレーションという名前の会社は、
全国に多数存在しています。
そして、ほとんどの会社がまともな会社です。
同じ名前の会社が複数存在する名前にあえて自分の会社を
することで、自分のやっているビジネスに悪評が立っていたとしても、
たどり着きにくいようになります。
もっともっと書きたい事はありますが
この案件に投資をしようとしている人は注意が必要です。
そして、お年寄りばかりが騙されている、
今回のビジネスですが自分自身は大丈夫でも、
自身の両親や、祖父母はだまされてませんでしょうか?
核家族化が進み、なかなか実家に連絡する事が、
昨今はなくなっています。
そんな所に、このような悪徳ビジネスはつけ込んできます。
自分の近しい人達にもこのことを拡散しておくといいでしょう。
今後のピースコーポレーションの流れとしては
会社設立後の第一回インセンティブ支払日前に
会社をたたむ可能性が高いでしょう。
これから、お金を振りこもうと考えていた人は、
お金を絶対に振り込まないでください。
もし、お金を振り込んだ後であれば
早急に返金請求をしてください。
しかし、返金請求をしたところで
お金が返ってくる可能性は極めて低いです。
高い授業料を払ったと思い、次は騙されないように
というのを、胸に刻んでおきましょう。

ーーー当ブログを拝見して頂きありがとうございます。ーーー

本当に稼げる商材しか掲載しません!

詐欺商材は販売ページやネットの評価などで判断することはありますが、

稼げる商材は十分に検証した上で紹介します。

それだけ本物の情報商材しか紹介しませんことをお約束します。

情報商材やネットビジネスについての情報を募集しています

・商材名

・作成者、販売者について

・稼げたか稼げなかったか

・この情報商材をレビューしてほしい

・こんな稼ぎ方あります

・その他なんでも

どんな些細なことでも良いのでご連絡ください。

レビュー依頼、相談随時受け付け中です。

インフォトップ市之川 匡史は詐欺に近い

会社名 株式会社ファーストペンギン
代表取締役 市之川 匡史
本社所在地 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-35-4 代々木クリスタルビル5階

当ブログにおいて掲載する情報・内容については細心の注意を払っていますが、主観的判断に基づくものでありその内容に保証することはできません。当ブログが起因の一切のトラブルに関していかなる損害にも責任を負いません。

インフォトップという会社は詐欺会社に近いです。

私は情報商材を買いあさっていた時に役員の方とお話ししたことがあります。

自分たちがやっていることは詐欺的だと自白していました。

法律は守っているとも言っていましたが…。

ギリギリのグレーゾーンだということなんでしょうね。

お酒の席の場所での会話でした。

お酒が入っていた時は人間本音がでやすいものです。

つまり、自白内容は真実の事だったのでしょう。

今は別の会社に買収されたようなので当時の役員は残っていないと思います。

でも、会社の体質はそう簡単に変わるものではありません。

事実、インフォトップに騙されたという声を毎日のように聞いています。

買収前よりひどい状況なのではないでしょうか?

今でも被害報告があとをたちません。

このような状況を何とかしたい!

その思いから、掲示板を作りました。

被害者の方の返金請求の交流にお役に立てればと思います。

http://bbs.brch14.com/forums/forum/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AB%E8%BF%94%E9%87%91%E8%AB%8B%E6%B1%82%E3%82%92%E3%81%99%E3%82%8B%E6%8E%B2%E7%A4%BA%E6%9D%BF/

ーーー当ブログを拝見して頂きありがとうございます。ーーー

本当に稼げる商材しか掲載しません!

詐欺商材は販売ページやネットの評価などで判断することはありますが、

稼げる商材は十分に検証した上で紹介します。

それだけ本物の情報商材しか紹介しませんことをお約束します。

情報商材やネットビジネスについての情報を募集しています

・商材名

・作成者、販売者について

・稼げたか稼げなかったか

・この情報商材をレビューしてほしい

・こんな稼ぎ方あります

・その他なんでも

どんな些細なことでも良いのでご連絡ください。

レビュー依頼、相談随時受け付け中です。

人見 勝行の天音法律事務所 は詐欺!?

当ブログにおいて掲載する情報・内容については細心の注意を払っていますが、主観的判断に基づくものでありその内容に保証することはできません。当ブログが起因の一切のトラブルに関していかなる損害にも責任を負いません。

天音法律事務所

人見 勝行

〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-2VORT永田町9階

TEL:0120-951-408

返金請求を専門にする掲示板でこの弁護士事務所が

返金に強い専門家への依頼はこちら

ということで紹介されています。

しかしはっきり言って弁護士に頼んでも詐欺事件を解決できることはほとんどありません。

そればかりか着手金だけ損してしまうケースも多いのだとか。

その掲示板と人見 勝行の天音法律事務所が裏で繋がっているという疑惑もあります。

自作自演でお互いを褒めあっているという構図です。

詐欺被害者を狙った詐欺事務所も多いみたいです。

くれぐれもご注意ください。

天音法律事務所の人見 勝行に依頼して失敗したという人はぜひ教えてほしいです。

返金の請求したい人で弁護士を探している人は、あまりネットでは探さない方が良いみたいです。

ーーー当ブログを拝見して頂きありがとうございます。ーーー

本当に稼げる商材しか掲載しません!

詐欺商材は販売ページやネットの評価などで判断することはありますが、

稼げる商材は十分に検証した上で紹介します。

それだけ本物の情報商材しか紹介しませんことをお約束します。

情報商材やネットビジネスについての情報を募集しています

・商材名

・作成者、販売者について

・稼げたか稼げなかったか

・この情報商材をレビューしてほしい

・こんな稼ぎ方あります

・その他なんでも

どんな些細なことでも良いのでご連絡ください。

レビュー依頼、相談随時受け付け中です。

時代の進化に比例して進むネット詐欺。その根源となる「情報商材」をレビューしていきます。