サラリーマンと副業

サラリーマンが副業を考えたとき、たちはだかる副業禁止の規定。

たいていどこの会社も副業しないよう就業規則のも

そのような記載をしています。

それではなぜ、会社が副業を禁止したがるのか。

お察しはつくかとは思いますが、

それは、本業へ支障をきたさないため。

副業に勤しむあまり本業が疎かになってしまうことを危惧しているからです。

あとは本業で知り得た情報を、

他社に提供する心配をしているというのもあると思います。

逆を言えばそこをクリアしていれば問題はないわけです。

ただ公務員と公職は、職業の性質上、

営利目的のビジネスに加担することはできません。

いくら時間に余裕があっても、給与が少なくても、

公務に公平性を欠いてしまうので、副業はやってはいけません。

なので公務員と公職以外の職業は、

就業規則の副業禁止規定は無視して構いません。

今の日本の労働人口の3分の1は非正規雇用として働いています。

今後これが改善されていくとは思えません。

良くて現状維持でしょう。

今の労働環境で働く限り、身分は保証されませんし

安い給料のままで苦しい生活から抜け出せないでしょう。

いざ、職を失ってからなにか新しいことを始めても遅いです。

今のなんとか生活が出来ているうちから、少しずつ

色々な準備をして下さい。

これからの日本は労働環境が大きく良くなる事はありえません。

もしかしたら今まで以上に悪くなる可能性もあります。

雇用者の若年層が減って、年寄りが増えて社会保障費は

増大して行ってます。

税金は上がり、金持ちは皆、海外へ移住してます。

自分の身は自分で守るしかありません。

ボーっとしているといざという時に困るのは自分です。

そうならない為にも、お金を稼ぐ手段を自分なりに

見つけておいて下さい。

そういう意味ではネットビジネスは本当に便利だと思います。

経験してなおさらそう思いました。

時間の制約も受けませんし、やりたい時にやりたいだけやれば

いいだけです。

稼ぐ方法さえ身に付けてしまえば、明日からあなたも

自営業者です。おまけに維持費などもほとんど掛かりません。

今日から次の事を考えて一歩を踏み出してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です