トレーダー監視型無料FX自動売買システム | ZOOシステム

おすすめできません!
「トレーダー監視型無料FX自動売買システム | ZOOシステム」

当ブログにおいて掲載する情報・内容については細心の注意を払っていますが、主観的判断に基づくものでありその内容に保証することはできません。当ブログが起因の一切のトラブルに関していかなる損害にも責任を負いません。今日はこちらの案件をご紹介させて頂きます。

今までFX自動売買の情報商材は数多く販売されてきました。ほとんどのFX自動売買には次のようなデメリットがありました。「相場が急変しても臨機応変な対応はできない/ツールによっては設定が難しい」。こうした理由を含め、私はFX関連の情報商材を信用していません。今回紹介するのは、「トレーダー監視型無料FX自動売買システム | ZOOシステム」です。実はZOOシステムは、BEAST(ビースト)というEAの改良版だということがわかっています。平均月利が10%あれば優秀と評されるFX自動売買システムの中で、ZOOシステムは平均月利77%という驚異的な数字を叩き出しているというのです。個人的に言わせてもらうなら、この77%という数字自体が常識から逸していると感じています。もしかしたら捏造もありえるかも…と思うほどの驚異的な数字です。だから「 ZOOシステムは詐欺情報商材だ!」と断定することはできないかもしれません。しかし特商法の表記をチェックしてみると、表記自体がまったくないのです。あるのは商材名だけで、販売目的がメインということしかわかりません。この時点で、ZOOシステムはどんよりした曇りから雨に変わりました。私の経験から言わせてもらえば運営元の情報が確認できない場合、アウトだと断言します(ZOOシステムはわかりませんが)。世間に出回っている情報商材の場合、残念ながらほとんど稼げないのが実情だと思います。なかには詐欺まがいの案件も…だから被害者が後を絶たないのです。もちろん優良な情報商材もありますが、そうした案件に出合うには焦りは禁物だということです。月利平均が77%!?!この数字が意図するものが何なのか、改めてチェックすることをお勧めします。そして特商法のあり方も十二分チェックしてください。おのずと答えが出てくると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です