株式会社アドシステム 久米 妥 梅林昭郷

販売会社 株式会社アドシステム
住所 〒2760014 千葉県八千代市米本1359番地
代表者 久米 妥
顧客対応担当者 梅林昭郷
当ブログにおいて掲載する情報・内容については細心の注意を払っていますが、主観的判断に基づくものでありその内容に保証することはできません。当ブログが起因の一切のトラブルに関していかなる損害にも責任を負いません。
今日はこちらの案件のご紹介です。
この商材がやたらと稼げます!というのを最近良く見ますが、
どの様商材なんでしょうか?この商材は、
アフィリエイトサイトを作る為の情報商材です。
『月100万円の安定収入を作りましょう』というのが、
キャッチコピーのようです。
正直、そんなに簡単にアフィリエイトで、
100万円は稼げません。
そんなに簡単に稼げたら誰も苦労しませんよね。
それなのにこの商材は簡単に稼げるようなことを書いています。
それどころか1000万円も稼げるようなことを書いています。
そんな、素人が、アフィリエイトで1000万円なんて、
稼ぐ為にはどれだけ大変かというのを、分かっていない人が
書いている様にしか、自分は思いません。
そして、SNSに賛賞の嵐が起こっているのですが、
画面的におそらくFacebookなんですが、
自分で探してみましたが、梅林のページでその様な、
書き込みは見つかりませんでした。
良い書き込みなのに、何故消す必要があるんでしょうか?
消すメリットが感じられませんね。
悪い事をやっているわけではないんですから。
今ある書き込みは、
サクラっぽいなーと思えるような書き込みばかりです。
こちらの商材ですが、最近よく見るようになった商材で、
お金をガッツリ掛けて拡散するのは2月、3月以降になると、
自分は踏んでいます。
お金の力を使い、お金を生み出す。
ビジネスの基本と言えば基本なんですが、
嘘をついてまでお金を稼ぐのは間違っています。
単発的にお金を生み出すことはできても、
継続的にお金を生み出すことは難しいのでは?
と思います。
継続してお金を生み出すには、
購入者に対して向き合い素直である必要があります。
当たり前のことですが、
忘れがちなことなので自分自身にも、
言われていると思いこの文章を書きました。
少し話は逸れましたが、
この商材は買うべきではないという、
結論を出します。

株式会社イデアクリエイティブ 黒柳大喜

住所 東京都千代田区神田須田町2-1-1
販売会社 株式会社イデアクリエイティブ
代表者 黒柳大喜
当ブログにおいて掲載する情報・内容については細心の注意を払っていますが、主観的判断に基づくものでありその内容に保証することはできません。当ブログが起因の一切のトラブルに関していかなる損害にも責任を負いません。
今日はこちらの案件のご紹介です。
バイナリーオプション系の商材販売をしている会社です。
バイナリーオプション系で詐欺だと、
ネットで話題になっていたので、
いろいろ調べています。
調べてみた結果どうやら、
バイナリーをメインとしてやってはいないようですね。
この詐欺と話題になっているのは、
ここの会社の社員に騙された人間が、
色んな所で拡散しているようです。
予想ではマルチ商法式に人を集めるのに、
人間が必要でした。
その、為に色んな所に顔を出して、
ネットビジネス系の商材に興味を持っている人間に、
片っ端から声をかけ、
言葉巧みに全ての人間を引き込んでいったけど、
引き込ん後のフォローを上手くしなかった。
その為、この様な人間が出て来たんだと思います。
と、こちらでご紹介しようと思っていたんですが、
ホームページを確認したところ、本社の所在地も、
千代田区と新宿区のどちらかわからないような状態ですし、
登記自体もされてないような状態でした。
登記情報サービスや法人番号公表サイトで検索しましたが、
どちらにも引っかからない状態でした。
1社員が変な事をしている会社かと思い、調べましたが、
社員レベルではなく、会社レベルでおかしい。
そんな事がわかってきました。
社員が変な事をしているのを上の人間が気づいていない。
もしくは、気づいているけどスルーしている。
そういう事になります。
知恵袋に相談していた人がいましたが、
相談する前に気づけるようにしましょうね。
信じる気持ち半分と、
疑う気持ち半分が大切です。
商材を客観的に見える目とでも言いましょうか。
そんな目を知恵袋に相談する前に、
気づけるようになりましょう。

Part.11【蓄膿症】花粉症の方の蓄膿症予防法

 

 

今回は、蓄膿症と関連深い、花粉症について取り上げていきたいと思います。

今回お話するものは、私自身と友人の経験をもとに執筆致します。

 

 

  • 花粉症とは?時期は?

 

花粉症とは何でしょうか。

その名の通り、植物の花粉が原因となって、くしゃみや鼻水などのアレルギー症状を起こすことになります。

有名なものにはスギやヒノキがありますね。

 

時期は正直いいますと、年中です。

 

全員が同じ花粉にアレルギーを持つわけではありません。

その為、その人によって、花粉症にかかる時期が違うのです。

また、その人のアレルギー耐性にもよります。

 

 

  • 花粉症の種類は?

 

では、花粉症にはどのような種類があるのでしょうか。

 

前項では、有名なものに「スギ」や「ヒノキ」があるといいました。

しかし、植物は多種多様です。

 

他にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

「ブタクサ」や「カモガヤ」や「小麦」は有名ですね。

 

しかし、全て記述することは正直なところ難しいです。

 

なんと、種類は約60種あるそうです。(医師に聞いたところによる)

 

  • 花粉症の症状は?予防法はあるのか?

 

では、花粉症の症状とはどんなものがあるのでしょうか。

 

主に「くしゃみ」や「鼻水」、「目のかゆみ、充血」です。

ひどい場合は「皮膚のかゆみ」や「発熱」などあるようです。

 

 

次に、予防法はあるのでしょうか。

 

私の場合は軽い症状でしたので、「アレルギー用鼻炎薬」を使っていました。

 

しかし、私の友人は症状がひどく、鼻炎薬すら受け付けない!

むしろ、鼻炎薬をさしたところで鼻水と一緒に出てしまうという状態でした。

 

そんな彼がある日、花粉症が完治したと私に言いました。

彼が行った治療法はなんと、薬でした。

 

薬で花粉症を治したなんて話は聞かなかったので驚きでした。

彼が使用していた薬は「ホノミビスキン」という漢方でした。

 

値段は少々するものの効果は抜群であったようです。

(100錠で5000円ほどだったかな?うろ覚えですみません。)

 

 

他には「甜茶」が有名ですね。

「甜茶」で治ったという話は聞きませんが、少なくとも改善されたとの話は聞きます。

「甜茶」は緑茶などと同じような飲み方で飲むことができます。

かつ、味も悪くなく、良いといえるでしょう。

 

 

その他、「のど飴」という手もありますが、

市販ののど飴はオススメできません。

理由としては、成分は含まれているものの改善されるのはのど飴を舐めている一時のみということが多いためです。

その為、治ったと錯覚してしまうのです。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

以上が花粉症と蓄膿症についてでした。

如何でしたでしょうか。

 

花粉症は日本人の多くの方が罹患しており、蓄膿症を併発します。

 

調べてみると、日本人の花粉症患者は25%にも及ぶようです。

また、今まで花粉症になっていなかった方であっても、急に花粉症になるような人もいるようです。

これは花粉が体に蓄積していく為と言われています。(真偽は不明)

 

既に罹患している方も上記のような方法で治ることを願います。

 

 

Part.10【蓄膿症】蓄膿症の診察方法と治療、良い病院の選び方は?

 

今回はタイトルの通り、私の経験をもとに診察方法と治療についてピックアップします。また、良い病院の選び方について執筆したいと思います。

 

 

  • 蓄膿症の診察方法とは?

 

どんな診察を行うのか見当もつかない方が多いと思います。

まず、ライトで鼻内を照らし、専用の器具(ピンセットのようなもの)で鼻を開きます。

そして、内部を視診します。

その際、ポリープがあるかどうか確認するようでした。

正直なところ、初めて診察を受けたときはビックリしました。

鼻を思い切り広げられるために、少しの痛みを伴うことと、恥ずかしかったことが印象に残っています。

 

 

  • 蓄膿症の治療方法は?

 

即手術!なんてことはまずないと思って下さい。

私ほどひどい状態であっても、何度か通院した後に手術という形でした。

治療方法としては主に点鼻薬になります。

1日に2回の点鼻薬の噴霧と、原因がアレルギーであれば抗生物質も出されることでしょう。

そして、何週間置きかに通院します。

その経過を観察し、場合によっては手術ということになると思います。

特に、ポリープが肥大してしまっている場合は手術という方法しかないようです。

 

 

  • 蓄膿症の手術について

 

手術は傷が残るから嫌という方も多いと思います。

蓄膿症の手術の場合、その心配は特にしなくても良いと思います。

以前であれば、切開手術という形をとっていたようですが、近年ではレーザーを用いて手術を行うようです。

ですので、傷跡も残らず、かつ安全であるようです。

しかしながら、当然ながら危険性はございます。

手術の方法は上記の通りですが、その際に使用する麻酔は「全身麻酔」でした。

「全身麻酔」というとまれに術後復帰しない方がいるという話を聞きます。

その為、術前には同意をとる形になっています。

しかし、状態にもよりますが、「局所麻酔」を選択することも可能です。

体のリスクを考えると当然、「局所麻酔」のほうが良いといえるでしょう。

また、「鼻」というものは「目」や「脳」と非常に近い為に手術をする際は危険も当然あることを忘れてはなりません。

 

 

  • 良い病院の選び方とは?

 

やはり、どんな病院を選ぶときにも重要な一つとしては「口コミ」です。

評判の良い病院を選ぶことは大事ですね。

他にはやはり、自分に合う病院が良いといえるでしょう。

先生の対応の仕方であっても、自分に合わずとしてはやはり通院も苦になります。

特に、こちらからの質問に対して誠意をもって接してくれるようなところは良いといえるでしょう。

また、通院期間も問題になってきます。

1か月ほど通院しても全く改善の余地がない場合は一度確認し、場合によっては病院を変えたほうが良いかもしれません。

 

 

 

Part.9【蓄膿症】蓄膿症(副鼻腔炎)における精神的影響

 

今回は、自身の経験をもとに蓄膿症を患っていたときの精神的な影響について執筆したいと思います。

 

 

  • 蓄膿症について周りの意識はどうか。

 

私自身の蓄膿症の罹患していた時期は小学生から中学生半期までです。

この頃といえば、周囲の蓄膿症に対する理解も乏しく、

同級生からの認識といえば、常に風邪を引いているか常に鼻炎の人といったところでした。

しかし、思春期において、このようなことがイメージとしてついてしまうことは非常に辛いことです。

特に、私の場合は症状がひどく、1日にポケットティッシュを5個使うことも少なくはなかったのです。

当然、ティッシュをそれだけゴミとして出すということや授業中も常に鼻をかみ続けるということは辛いものでした。

そのような人はあまりおらず、周りにとっては珍しいものであったと思います。

周りからはあまり良くは思われていなかったように思います。

 

  • 周りに対する不信感

 

蓄膿症を患っていたことにより、周りに対してどう思われているかということが非常に気になりました。

直接聞くような勇気もなく、ただ塞ぎ切っていたように思います。

周りがコソコソ話をしていると、私のことを言っているのではないかと思ったり、「鼻」というワードには特に敏感になりました。

 

  • 人に対する接し方にも変化が・・・

 

特に私の場合は症状がひどかったこともあり、人に対して面と向き合って話すことができませんでした。

これは、鼻水が出ているのではないかということと、頻繁に鼻水が出てしまうためでした。

また、休日でも外出は避けていました。

これは人の目が気になってしまうからです。

 

 

  • 手術、その後は・・・

術後、症状は完治しましたが、幸いにもそのことに対してふれてくる人はいませんでした。

ですが、結果として、あまり良い学校生活を送れなかったのではないかと思います。

 

もしかしたら、私と同じような症状を患っている方がいるかもしれません。

いるとしたら、できるだけ早期に治療することが大事だと感じます。

術後の私は罹患していた頃と比べると変わったように思います。

どちらかというと、明るくなったということです。

それほど、自身の精神面において影響を及ぼしていたのだなと感じました。

 

 

Part.8 【蓄膿症】蓄膿症(副鼻腔炎)における身体への弊害③ 口内炎と中耳炎

 

今回は蓄膿症(副鼻腔炎)を罹患した際の身体への影響・弊害を考えていきたいと思います。

※これは実際に私が経験したことを基にしています。

 

前項に引き続き、今回は「口内炎と中耳炎」について取り上げたいと思います。

 

 

  • 「口内炎」とは何か。蓄膿症との関係性とは。

 

まず、口内炎とは何なのでしょうか。

 

多くの人が知っている通り、

「口内で炎症が起こることにより罹患する生活習慣病」と認知していると思います。

その他、「ビタミン不足」もよく取り上げられております。

 

ではなぜ、蓄膿症と口内炎が関係しているのでしょうか。

 

私自身、蓄膿症を患っていた時期において、口内炎を何度も罹患致しました。

 

その理由としては、「口呼吸を行うことにより、口の中が乾燥してしまい、口内で菌が繁殖し、結果として口内で炎症が起こってしまった」と考えております。

 

特に蓄膿症に罹患していた時期はこの症状が顕著に現れていたように思います。

 

 

  • 「中耳炎」とは何か。蓄膿症との関係性とは。

 

まず、中耳炎とは何なのでしょうか。

 

これも多くの人が知っているかと思いますが、

「中耳において、炎症が起こるような状態」のことをいいます。

 

一般に、耳と鼻は繋がっているものです。

その為、蓄膿症を発症すると中耳炎にもなってしまうことがあるそうです。

私の場合は特になかったのですが、実際にそのような患者さんもいると病院の先生より伺いました。

 

逆の場合もあり、中耳炎から蓄膿症が発症する場合もあるそうです。

 

これは早期に症状に気づき、治療することが大事だといえます。

 

 

 

  • 治療法は?他に併発する病気はあるのか。

 

 

では、治療法やその他に併発する病気はあるのでしょうか。

 

治療法からみていきましょう。

 

治療法は主に薬による治療になる場合が多いと思います。

症状が特にひどく、私のような場合は手術の必要があります。

 

いずれも、早期に発見し、症状がまだあまり進行していない時期から予防や治療を行うことで防げるものになります。

 

特に重要なのは、「早期」ということになります。

手遅れになるほど進行してからでは遅いのです。

 

 

 

では、次に、他に併発する病気はあるのでしょうか。

 

結論からいうと、あります。

 

鼻は耳の他、目とも繋がっています。

 

その為、目の病気を罹患することもあるそうです。

これも、主に菌によるものです。

 

特に目の病気は治療が難しく、生活に欠かせない部分ということもあり、非常にデリケートなものです。

 

  • 蓄膿症による弊害をみて

 

これまでに紹介したように、蓄膿症による弊害は非常に幅広く、危険なものも多く存在します。

 

さらに、どれも共通していえることは、「症状が進行してからでは遅い」ということです。

 

キーワードはどの病気にも共通していえることだとは思いますが、

早期発見・早期治療」といえることでしょう。

 

Part.7 【蓄膿症】蓄膿症(副鼻腔炎)における身体への弊害② アデノイド顔貌

 

今回は蓄膿症(副鼻腔炎)を罹患した際に身体への影響・弊害を考えていきたいと思います。

※これは実際に私が経験したことを基にしています。

 

前項に引き続き、今回は「アデノイド顔貌」について取り上げたいと思います。

 

 

  • アデノイド顔貌とは?

 

まず、アデノイド顔貌とは何なのでしょうか。

 

耳にしたことのある方も少なくはないはずだと思います。

 

文で説明すると、

「骨の成長時期において、通常であれば鼻から顎にかけてのラインが英字Eのようなラインを描くのに対し、口が突出して出てしまい、顎が後退してしまうような顔の形成のこと」

でございます。

 

これは、分かりづらいものであると思いますので、絵を用いて説明致しましょう。

 

%e8%93%84%e8%86%bf%e7%97%872

 

※写真中央の下の画像のような状態がアデノイド顔貌の特徴

http://kishidental.com/subpage/sinryou/kyousei.htmより引用

 

 

このような形のものが「アデノイド顔貌」と呼ばれるものです。

 

原因としては、骨の成長時期において、長期にわたり口呼吸してしまうこと或いは先天性のものであるといえます。

 

成長期である子どもの頃に鼻炎を患う方は特にこのような傾向が強いと思います。

 

 

  • アデノイド顔貌と自身の経験

 

では、私の場合はどうでしょうか。

私は、ちょうど成長期にあたる時期に蓄膿症を患っていました。

 

私の場合、典型的なアデノイド顔貌とは言いづらいのですが、少しそのような傾向にございます。

 

ちょうど成長期に患っていたことにより、強く影響が出てしまったと思います。

反省としては、もっと早くに気づいていれば、知っていればよかったと後悔しております。

 

 

 

  • アデノイド顔貌の治療法

 

では、この症状の治療法はあるのでしょうか。

 

結論からいいますと、「あります」

 

 

しかしながら、骨の成長期が過ぎてしまった場合は非常に治療が困難となります。

 

既に成長期が過ぎてしまった方、つまり大人の方の治療法は2点ございます。

 

1つ目は、歯の矯正を行うことにより、口の突出を抑える

2つ目は、整形手術により、治療する。

 

この2点となります。

 

1つ目に関しては、矯正器具を歯に施すことにより、突出を少しでも抑えるということですが、これには理由があり、「アデノイド顔貌」の患者は顎が後退する他、口が突出する原因に、歯が通常よりも前に突出している傾向が強いのです。

これは、口呼吸の影響もございますが、歯が前に出ていることにより、「突出して見える」のです。

コスト面は非常に高く、場合によっては100万円以上かかることもあるようでした。

メリットとしては、整形手術と比べると安全であることです。

デメリットとしては、矯正するのに時間がかかってしまうことです。

時間にして、1年以上かかることも普通にあるようでした。

 

 

2つ目に関しては、特に影響が大きく出ている方に対するものとなります。

 

読んで字の如く、整形手術による矯正になります。

 

自身にコンプレックスを抱いていたり、どうしても矯正したい方は特にこちらを選択する方が多いように思います。

 

コスト面では「歯を矯正する場合」よりも高く出るようです。

この場合のメリットとしては、時間がかからないことが挙げられます。

しかし、デメリットとしては、リスクが高いことです。

これは、自身の体を傷つけることになる為であります。

 

 

上記2点をみればわかる通り、治療は非常に困難となっています。

一般に、一度、骨の成長を終えた後は矯正することが非常に難しくなっております。

 

 

以上が「アデノイド顔貌」についてでした。

 

次回は、「口内炎」と「中耳炎」について取り上げたいと思います。

 

 

 

Part.6 【蓄膿症】蓄膿症(副鼻腔炎)における身体への弊害① 鼻柱の変形

 

今回は蓄膿症(副鼻腔炎)を罹患した際に身体への影響・弊害を考えていきたいと思います。

※これは実際に私が経験したことを基にしています。

 

箇条書きにすると、以下の項目が挙げられます。

・鼻柱の変形

・アデノイド顔貌

・口内炎

・中耳炎

 

では、順番に詳しくみていきましょう。

 

この中より、今回は鼻柱の変形を取り上げたいと思います。

 

  • 鼻柱の変形

 

これは、実際に私が実際に経験し、手術により治療したものです。

 

鼻の骨は軟骨と硬骨で構成されておりますが、主に鼻先にかけての大部分が軟骨になります。

%e8%93%84%e8%86%bf%e7%97%871

 

 

軟骨は柔らかく、圧をかけることにより、簡単に変形します。

蓄膿症の症状がある方は、必ず鼻水が出ることだと思います。

しかも、頻度は「多い」のです。

 

通常、蓄膿症を両鼻同時に罹患することは少ないと聞きます。

このことから、片方の鼻をかむことになります。

 

私も同様の症状であり、故に鼻の片側だけに力が加わるような状態になってしまい、

結果として鼻柱が変形したのでした。

 

 

この改善方法としては、「両側」に圧を均等にかけることだそうです。

これは非常に難しいことであり、必ず均等にできるはずもありません。

ですので、ある程度の範囲で均等に圧をかけることを意識するのです。

 

また、この鼻柱の変形はこれが一因となって、蓄膿症(副鼻腔炎)を罹患する可能性もあるのです。

短期的にみれば大したことはないのですが、長期的にみると大きな弊害となることが恐ろしいところですね。

特に私の場合は成長期にあたる時期にあったので、余計に大きく症状が出てしまったのだと思います。

 

術後、私も意識することによって、現在は特に大きな問題になっておりません。

また、これを手術で治療するとなると、手術費用や入院費用が発生してしまうところも怖いところですね。

 

 

以上が、鼻柱の変形でした。

 

次は次項の「アデノイド顔貌」について取り上げたいと思います。

 

 

Part.5 【蓄膿症】私が罹患した原因について

 

今回は「私が罹患した原因について」検証したいと思います。

 

近年、多くの方が蓄膿症の患者または予備軍に属しています。

私もその一人でした。

 

では、私の場合、何が原因でこのようなことになったのでしょうか。

 

私は通院検査時、多くの検査を受けました。

これは手術の為でもありますが、血液検査やMRIも使用しました。

 

結果として「アレルギー」を持っていることが判明しました。

これはこの検査をし、初めて知ったことになります。

 

アレルギーの検査では、多くの項目が挙げられました。

結果表示はすべてパーセントで表示されていました。

 

有名なところでは、「スギ」「小麦」などがあり、これも大変驚いたことです。

しかし、パーセント表示では1%を切っており、特に問題にはならないようでした。

 

その他にも多く項目が存在しましたが、一番高いパーセンテージが出ていたものは・・

なんと、「犬アレルギー」でした。

これはパーセンテージにして5%程度でしたが、

体験談の最初のほうに記述した通り、私の家では犬を飼っていました。

 

これが原因の可能性のある一つだというのです。

 

しかしながら、5%程度でここまで症状が進行するものなのでしょうか。

 

答えは「No」です。

 

アレルギーは要因であって、原因ではありませんでした。

私の場合、長期にわたり症状を放置し、改善しなかったことが原因でした。

特に「長期にわたり」という部分が重要になります。

 

つまり、蓄膿症(副鼻腔炎)という症状はすぐに罹患するようなものではないのです。

ここから、前回お話した通り、未然に予防することで治療することが可能ということがわかります。

 

また、私の場合は鼻が曲がっていたことも一つの原因となっていました。

 

これは、鼻が曲がっていることで鼻の通りが悪くなることが挙げられます。

この場合も前項と同じように「長期にわたり」ティッシュで鼻をかむ際の力加減を誤っていたことにあります。

 

私は片方の鼻の通りがもともと悪く、片側だけ鼻をかむことも多くあったのです。

つまり、片側の鼻にだけ力が加わることで一方に歪んでいくのです。

 

 

上記2点が私の場合における原因となり、最終的に手の付けようのない状態に陥ってしまったのです。

Part.4 【蓄膿症】使用していた薬と予防法について

 

今回は私が実際に使用していた薬と現在使用している薬、医師から勧められた治療、予防法と現在も行っていることについて説明したいと思います。

 

  • 罹患時に使用していた薬

 

まず、通院時に処方頂いた薬については、病院でのみ取り扱っているもので

名前は「フルナーゼ」という点鼻薬です。

外観の色味はオレンジで形は市販薬と変わりません。

これを処方され、使用していたのですが、驚くはその効果でした。

当時、全く鼻が通らなかった私ですが、この点鼻薬を使用したときは少し快適になっており、

鼻水も治まっていたのです。

1日に2回、朝と夜に使用するようにと言われ、使用していました。

私の場合は既に点鼻薬で治せるような状態ではなかったので、最終的に手術となりましたが、通常はこの薬で治るようでした。

しかし、この薬は通常、病院でのみ処方されるようなので、継続的に購入することが出来ませんでした。

 

  • 現在使用している薬

 

現在使用している点鼻薬は「アルガード鼻炎 クールスプレーa」というタイプのものを使用しています。

これは「ロート製薬株式会社」が販売している市販薬となります。

 

  • 予防法について

 

予防法については、点鼻薬を継続的に使用することになります。

実際に私は朝と夜の2回、必ず点鼻薬を使用するようにしていますが、再発の気はありません。

また、鼻が詰まった場合は吸い込むのではなく、ティッシュ等でかんで出すことが必要です。

鼻で息をすることも重要になります。

鼻は呼吸のフィルターの役目をしますから、日常的に鼻で息をすることも重要な要素の一つになるのです。

 

 

時代の進化に比例して進むネット詐欺。その根源となる「情報商材」をレビューしていきます。